※この記事は約 18 分で読めます。

仮想通貨

最近は専業トレーダー状態のえだ(@edamameoomori)です。

Twitterでフォローいただいている方はご存知だと思いますが、昨年末からずっと仮想通貨にハマってます。

仮想通貨のことばっかりツイートしてますね。w

 

そして今では仮想通貨FXもやってるんですが、実はちょうど仮想通貨を買ってから1年が経過しました。

投資歴なんて全くなかった自分ですが、こんなにもハマるなんて…とびっくりしてます。

もう1年経つのかぁとしみじみしながら、この1年の振り返り記事を書きます。

「ブロックチェーンが…」とか「お金のあり方が変わる…」などの技術的な話ではなくて、ただの個人的な回想録です。

 

簡単にまとめると、初心者が儲け話につられてバブルに乗り、暴落やハッキング事件に巻き込まれて1年後にどうなったのかという話です。

これから仮想通貨を始めようという人には、少しは役立つかも。

 

そもそも投資なんて全く興味なかった

投資

今では毎日仮想通貨の情報をチェックしたり、トレードをしていますが、元々は投資には一切興味がありませんでした。

 

株、FXについての知識は全くありませんでしたし、興味もありませんでした。

それどころか、

「何か怖い!」

「そんなの手を出したら人生狂いそう!」

と思ってました。(偏見)

 

特にFXについては、友人が昼夜逆転してさらに大損してたので、絶対やらないと思ってました。

 

仮想通貨開始からの1年

そんな私ですが、なぜ株やFXよりも怪しいと言われている仮想通貨を買ってみたのか、そして買ってからの1年はどんなものだったかを書きます。

 

2017年5月に仮想通貨を初めて買う

仮想通貨

仮想通貨をやってる人にわかりやすい言い方をすると、「2017年5月のアルトバブル」がきっかけです。

この頃、アルトコイン(ビットコイン以外の全ての仮想通貨のこと)が暴騰していました。

どこからその情報を知ったかと言うと、Twitter経由です。

 

当時Twitterでフォローしてる一部の人たちが仮想通貨をやって、超絶に儲かっていたらしく、浮かれまくってました。

その頃は副業と言えばアフィリエイトしかやっておらず、その界隈の人しかフォローしてなかったんですが、

「記事を書かなくても仮想通貨買っただけで儲かる!!」

みたいなツイートがされていて、自分もやってみようかなと思いました。

 

しばらくはそんなツイートを何度も見ました。

でも上記のように投資は何となく怖かった。

しかもビットコインといえば、「マウントゴックス事件」のイメージがあって何となく「怪しい」「ハッキングされる」というイメージがありました。

 

しかし、その後も何度か仮想通貨に関するツイートを見てたらウズウズしてきました。

確か平日のランチ中だったと思います。

早くしないと乗り遅れると思い、スマホで「仮想通貨 口座開設」と検索しました。

そして、「初心者におすすめ」と紹介されていたCoincheckで口座開設をしました。

 

初めての仮想通貨はクレジットカードで購入

クレジットカードで購入

口座を開設してみたものの、何を買っていいのかわからなかったので、とりあえずビットコインを買ってみました。

初めての投資だったので、いくら分買おうかとずいぶん悩みましたが、これも勉強代だと思って、1万円分だけクレジットカードで買ってみました。

この時は確か「早く買わないと、どんどん値上がりしてしまう…」と焦って、帰宅途中の電車の中でクレジットカードで購入したことを覚えています。

焦りすぎですね。w

 

そしてその夜から何度もスマホで値動きをチェックをしていました。

当時のレートは1BTC≒21万円でした。

現時点(2018/05/07)の約5分の1ですね。

 

約一週間後には、1BTC≒23万円になっていました。

単純計算で言うと、買っただけで放置してたら、1週間で1万円が1.1万円になったということです。

 

「1週間で110%なんてすごい!これはもっと投資しないと!」

 

…と思い、さらに追加で9万円分のビットコインを購入しました。

 

この時点でトータル10万円の投資です。

 

< 余談 >

今ではクレジットカードで仮想通貨を購入できる取引所はなくなりましたが、当時はどこの取引所でも可能でした。

しかし後に気づいたのですが、クレジットカードでの購入は手数料が異常に高かった…

私の場合はCoincheckで買いましたが、8%も手数料が取られていました。

上記の通り、10万円分買ったので8,000円分が手数料です。

買った時点で8%のマイナス、言い換えると8%の価格上昇があってやっと±0となります。

今ではクレジットカード購入はできませんが、コンビニ入金や銀行口座経由の入金など様々な購入方法があります。

手数料も加味して慎重に決済方法を選びましょう。

過去に失敗した者として…これから仮想通貨を買う方へのアドバイスです…

< 余談おわり >

 

2017年11月友人に影響されてアルトコイントレードを開始

Coincheckでビットコインを10万円分購入した後、徐々に値動きを気にすることはなくなっていきました。

たまに値動きをスマホアプリでチェックするものの、「日々の値動きはあるものの、基本的には上がっていくだろう」と考えて放置していました。

 

初めての購入から約半年後の2017年11月、仮想通貨を始めようとしている友人と話す機会がありました。

彼はリップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)について熱く語っていました。

私は半年前にビットコインを買っていたので、彼からは「えだはどう思う?」と聞かれましたが、正直何のことを話しているのか全くわかりませんでした…

というのも、「なんとなく稼げそう」という考えでビットコインを買っただけでアルトコインについての知識は全く無かったからです。

当時既に1BTC≒80万円になっていたので、半年前の1BTC≒21万円と比べればなんと4倍。

10万円が40万円になっていたのです。

私はこれで満足していましたが、友人の話を聞いていると、どうやらビットコインよりもアルトコインの方が値動きが激しく、さらに稼げるとのこと…

 

だったらもっと調べてトレードしないと!と思いました。

とはいえ、何を買ったらいいのかわからなかったので、Coincheckのアルトコイン12種類を全て均等な金額で買いました。
(※ちょっとこの辺りから生々しいので具体的な金額は控えます。)

 

ちなみにこの時もまたクレジットカードで買ってしまいました…

 

< 余談 >

後にこの時の予想は当たるのですが、全て買っておけばどれかが暴騰するだろうという安易な考えでした。

同じようなことをアルトコインの取扱種類が多いバイナンスでされている方もいますね。

上げトレンドの時はローリスクで良い方法だと思います。

ただ、仮想通貨市場全体が大暴落した時は逃げ遅れますので要注意です。

< 余談 終わり>

 

この時点で仮想通貨投資歴は半年だったわけですが、Coincheckでクレジットカードを使って購入しただけの経験だったので、「指値注文」や「成行注文」「ローソク足の見方」については何の知識もありませんでした。

今思えば知識なさすぎですね…

 

ただ、それでもビットコインのバブルに乗れたことで、投資未経験でも10万円を40万円に出来たという事実は、当時が異常な相場環境だったんだなと思います。

2017年12月の仮想通貨バブルに乗る

仮想通貨バブル

この頃はまさに「寝てても勝手にお金が増える時代」でした。

1BTC≒240万円まで大暴騰していました。

私が5月に初めて買ったビットコインが1BTC=21万円〜23万円だったので、10倍以上になっていました。

つまり、5月に買った10万円分のビットコインが、約半年で100万円分以上になっていたという計算です。

異常な大暴騰ですね。

 

さらに、monaコインのバブルにも乗れました。

わからないなりにチャートを見ながらトレードしたら、数分で購入金額の2倍にすることができました。

また、海外の取引所の方がアルトコインの種類が多いと知り、取引の口座を次々に開設しました。
(今数えたら口座数は16個ありました…)

 

アルトコインだけではなく、さらに値動きの幅が大きくチャンスが大きい「草コイン」と言われる、もっと安いコインも積極的に買い漁っていました。

 

そうやってトレードを繰り返していくうちに、順調に資産が増えていきました。

数日で価格が10倍になったものもありました。

 

「自分ってトレードがうまいのかもしれない」

 

…と錯覚していました。もちろん相場環境がよかっただけなんですが。

この頃のトレードスタイルは完全にファンダメンタルズ重視でした。

各銘柄のホワイトペーパーをチェックし、スケジュールに応じてトレード。

今では仕手グループの影響なのか、あまりうまくいきませんが、当時はスケジュール通りに相場が動いていました。

 

仮想通貨FXも開始

仮想通貨FX

「このまま相場が上がり続ければいいが、いつかは暴落する頃が来るから、暴落でも稼げる仮想通貨FXをやるべき」

というツイートを見かけたので、仮想通貨FXを始めました。

Twitterに影響されすぎですね…

 

「ロング」「ショート」「レバレッジ」

この辺りの言葉の意味を覚えたのがこの頃です。ローソク足の意味もやっと理解した頃です。

 

仮想通貨FXは、まさに「寝てても勝手にお金が増える時代」だったので、ロングポジション(買い)さえとっておけば、大きく稼ぐことが出来ました。

ポジションを取ってそのまま寝て、起きたらお金が儲かっているという夢のような時期でした。

 

実はこの頃、「逆指値決済(ストップ注文)」のことを知りませんでした。

つまり、ポジションを取った金額が全てなくなってしまう可能性があるという状態です。

そんな知識の無さでFXやってたなんて…と今ならその危なさに気づきます…

 

上記は当時のツイート。

後から振り返ってみれば異常な上げ相場だったので、これでも破産しなかったのは、たまたま運が良かったのだなと思います…

 

この頃からやっとチャートのテクニカル分析を始めました。

 

2018年1月大暴落に巻き込まれる

仮想通貨が大暴落

年が明けて2018年1月。

この頃、仮想通貨の大暴騰についてはニュースでも取り上げられるようになっていました。

私は「そんなこと去年から知ってるよ…」と得意げに考えていました。幸せでした。

 

ちょうどその頃、仮想通貨のことに絶対興味の無さそうな妻からこう言われました。

 

「仮想通貨って儲かるんでしょ?貯金全部使って仮想通貨買ってみたら?」

 

これを聞いて、もうすぐこのバブルが弾けるな…と思いました。

つまり「靴磨きの少年が株のことを話し始めたら暴落は近い」ってやつです。

 

もちろん妻の言う通りにはせず、この時点での原資(購入した分の金額)だけをひとまず日本円に換金しました。

こうすることで、どんな暴落が来ても損をすることはない。

そう安心していました。

 

直感はしっかり当たり、その直後1BTC≒170万円から1BTC≒100万円まで暴落するという大暴落がありました。

 

原資だけ抜いておいてよかった…

 

とはいえ、せっかく増えた資産がチャートを見るたびにどんどん減っていく様子を、ただただ眺めているのは本当に生きた心地がしなかったです。

 

CoincheckのNEM事件にも巻き込まれる

仮想通貨ハッキング

2018年1月26日(金)

NEMが盗難されたあのCoincheck事件の日です。

 

実はNEMもある程度の金額を保有していましたが、事件が発覚した直後に引き出せなくなるというアナウンスがありました。

 

この時点では他の通貨は取引可能でしたが、出金しようと操作しても反映されませんでした…

 

もしものことを考えて、CoincheckからNEM以外の資金を引き出しておこうと思ったのですが、既にCoincheckの口座からはお金が引き出せなくなっていたのです。

 

約20日後に銀行口座に日本円が入金されたことを確認したのですが、この間は生きた心地がしなかったです…

 

Twitterを見返してみると、Coincheck社長の和田さんへのポエムツイートもしていました。

 

 

ちなみにこの時点で数百万円がCoincheckにロックされてました。

当時はCoincheckが計画倒産するかもしれないと言われていた頃。

もしかしたらその数百万円が0になる可能性もあった頃です。

 

完全に脳が壊れてたな…

 

そして底値ヨコヨコの時代が来た

仮想通貨底値ヨコヨコ

2017年12月には1BTC≒240万円まで高騰しましたが、Coincheck事件以降は100万円前後をヨコヨコ…

そしてさらに2月に入ると、一時は60万円台まで落ち込むこともありました。

ビットコインに限らず、他のアルトコインもつられて下がっていたので、私の資産はピーク時に比べて約6分の1まで減少しました。

 

しかし、1月の暴落直前にたまたま原資を日本円に替えていたことと、仮想通貨FXに専念していたので精神的にはあまり影響はありませんでした。

もしあの時、原資を抜いていなければと思うと恐ろしいです…

 

今は相場が回復しつつありますが、これまでの1年はこんな感じでした。

まるでジェットコースターに乗ってるような浮き沈みの激しい日々でした。

 

なぜこんなに仮想通貨にハマったのか

たまたま「稼げそう」と思って1万円で購入した仮想通貨でしたが、投資未経験の私がなぜこんなにもハマったのか。

それについて自分なりに振り返ってみます。

 

なんだか稼げそうだったし、実際に稼ぐことができた

いきなりお金の話で生々しいですが、今仮想通貨をトレードしてる人って、9割以上がこれなんじゃないかな。

正直に言うと、私はこれです。w

 

また、バブルに乗りたかったという気持ちもあります。

私が社会人になりたての頃、バブルを経験した上司たちに当時の自慢話をよく聞かされました。

物心ついた頃から常に景気が悪かったので、いつかは自分もバブルを経験したいなーと思ってました。

2018年1月に大暴落があったので、今は戦後の焼け野原状態で相場から退場した人も多い気がしますが、長い目で見ればまだまだこれからだと思います。

2017年12月の大暴騰はとてつもないバブルだったと思いますが、今後もまたそれ以上のバブルが来ると思います。

 

ブロックチェーンを通して未来を変えていくという志に共感した

 

上記のツイートは知識が浅すぎた頃のものなのでとても恥ずかしいですが、そのまま掲載。

様々な通貨/プロジェクトが、ブロックチェーンの技術を使って社会問題を解決しようとしています。

使いみちがよくわからないネタコインもありますが。w

 

私は長年SEOに関わってきたので、Google検索の汚染を解決しようとしているALISのプロジェクトには期待しています。

ALISの詳細はこちら
https://alismedia.jp/

ALISのクローズドβ版はこちら
https://alis.to/

今はまだβ版で一部のユーザーによってテスト運用中なので右往左往している感はありますが、未来に期待…

 

整備されてない荒野地帯が面白かった


黎明期ならではのカオス状態です。

  • 法整備されてないがゆえに、インサイダーは当たり前。
  • 大暴騰や大暴落が頻繁にある。
  • ICOは詐欺が多い。(9割は詐欺という説も)
  • 金融庁認可の取引所でさえ、ありえないトラブルを連発。

 

こんな状態なので、危ないから参加しないというのも1つの考えかと思います。

しかし、私はこんな状態だからこそ、チャンスがあると思って参入しました。

 

仮想通貨を買って1年が経過した今思うこと

野原

長々とこの1年を振り返ってきました。

最後に、仮想通貨トレードで経験したことのまとめを書きます。

仮想通貨トレードで得たもの

まずは、仮想通貨トレードで得たものから書いていきます。

投資の知識

投資知識0から始めたので、かなりの知識を身につけることが出来ました。

ニュースで株や為替の値動きのニュースを見ても、理解度が深くなりました。

ゆくゆくは、株や為替FXもやってみたい。

トレードで儲かったお金

具体的な額は生々しいので書きませんが、大暴落を経験しつつも運良く儲かることが出来ました。

また、底値で仕込んでいて高騰していない銘柄もあるので、いつかは…

いや、そのまま電子ゴミになっちゃうかな。w

先のことはわかりません。

一瞬でもバブルに乗った貴重な経験

これは仮想通貨を続けていく上で重要だと思います。

バブルの時の総楽観な雰囲気や、仕手の動き、新規参入者の動きなどは後から振り返ってみればわかりやすいものでした。

今後はまた同じミスをしないようにしたい…

 

仮想通貨トレードで失ったもの

次に、仮想通貨トレードで失ったものを書きます。

多くの時間

多くの時間を失ったな…

仕事時間…というか暇さえあれば仮想通貨の情報をチェックしていました。

特に睡眠時間はかなり削られました。

 

また、家族といる時間もチャートを見ていたことがあったので、それは猛省しています。

娘に「パパが見てる青と赤のやつ何?」と言われた時は、ハッとしました。
(チャート画面のこと)

金銭感覚

CoincheckのNEM事件があった頃、数百万円がロックされてたのにポエムツイートしていたように、金銭感覚が狂ってます。

仮想通貨FXやってても思うのですが、含み損が大きくなっててもあんまり実感がないんですよね。

ゲーム感覚というか。

ただの数字に思えちゃうんですよね。

これって危ないな…と思います。

心の平穏

今は大丈夫なんですが、初めての大暴騰、大暴落の時(2017年12月)は、ずっとチャートを見ていました。

大暴騰の時はお金が増えていくので楽しいのですが、問題は大暴落の時です。

自分の資産がチャートを見るごとにどんどん減っていくのはかなりつらいです。

 

「あの時利確しておけば…」

「なぜあの通貨を買ったのか…」

「減った分のお金が今あれば…」

 

後悔しかしないです。

 

今後も仮想通貨トレードを続けていきます

上記のように、失ったものも多いですが、せっかく得た投資の知識や大暴落の経験があるので、これを元にさらに仮想通貨で稼ぎたいなと考えています。

相場との向き合い方については、この1年でかなり変わりましたし、やっと自分なりのスタイルが出来ました。

距離のとり方というか、消耗しない方法というか。

 

今稼げているのは完全に運がよかっただけですが、トレードスキルも着実についています。

(かなりの時間を費やしているので…)

 

精神が乱されないように、注意深く、冷静に、しっかり調べた上で、長期的な目線での投資を…

 

とりあえず、引き続きしっかり勉強しようと思います。

 

あんまり好きじゃない言葉ですが、無知なまま相場に参加するのは「養分」になるだけです。

相場に参加した時点で仁義なき戦いは始まっています。

自分が初心者であるかどうかは関係ないのです。

 

 

以上長くなりましたが、この1年の振り返りでした!

 

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら