※この記事は約 3 分で読めます。

だし巻き卵

たまには料理をするえだ(@edamameoomori)です。

大学生の頃から一人暮らしだったので、料理は作ります。

でも基本的に「切って、炒める」という簡単な料理しかしないので凝ったものは作れません。w

そんな私が久しぶりに「だし巻き卵」を作ってみたらうまく出来たので、レシピと作り方を書きます。

 

レシピ

卵

ふわふわのだしの風味がきいただし巻き卵を作るためのレシピは…

  • 卵 : 3個
  • 水 : 大さじ3
  • めんつゆ : 大さじ2(※下記追記を参照)

以上です!
シンプルです。

卵はMサイズを使いました。

めんつゆは液体タイプのものです。粉末タイプのものはわざわざお湯で溶かさないといけないけど、液体タイプだと好きなだけ使えて便利ですね。

ちなみにめんつゆの原液を大さじ2です。

めんつゆってビンのラベルに水での割り方書いてあると思います。

かけつゆ、つけつゆ、天つゆ、おでん、煮物とかでそれぞれ水と割る場合の分量が書いてありますが、今回の場合は原液を大さじ2です。

 

<追記>
めんつゆって一種類だけではなく、ストレートタイプ、2倍濃縮、3倍濃縮、4倍濃縮…などがあるんですね。いつも手抜き料理だったのでそんなこと気にしたことなかったです。w

今冷蔵庫の中のめんつゆを確認したところ、このレシピで使っためんつゆは2倍濃縮でした。

ということで、卵3つの場合でいうと

・ストレートの場合
水 : 大さじ2
めんつゆ : 大さじ3

・3倍濃縮の場合
水 : 大さじ3.5
めんつゆ : 大さじ1.5

・4倍濃縮の場合
水 : 大さじ3 小さじ2
めんつゆ : 大さじ1 小さじ1

をお使いください。

 

水は水道水を使いました。

本当はミネラルウォーターとか使うべきなのかも。w

 

私は甘いだし巻き卵が好きじゃないのでこんなレシピですが、甘いのが好きな人は砂糖を入れるといいと思います。

色んなレシピ見ましたが、卵3個に対して入れるなら小さじ1ぐらいかな。

まぁ好みに合わせて調整してみてください。

上記のレシピの場合だと、だしの風味を味わえるふわふわなだし巻き卵が作れます。

 

結局このレシピは、めんつゆの力を借りてるわけです。

あとは水との分量と焼き方がコツ。

というわけで、次は焼き方についてです。

 

焼き方(巻き方)

卵焼き用のフライパンに油をひいて、中火でゆっくり焼きます。

焼きすぎるとふわふわ感がなくなるので、

80%くらい焼けたなぁというくらいになったら、巻き始めて卵を追加して…

の繰り返しです。

 

フライパンの上に置いてるからこんな感じで焼いても、半熟になることはなく、しっかり火が通ります。

…でも文字じゃあんまり伝わらないですね、これ。w

焼き方について、わかりやすい動画を見つけたのでこちらをご覧ください。

私も最初は全然うまく巻けなくて、毎回ボロボロになってたのでこういう動画を見てました。

(いつかこんな動画も撮ってみたいなぁ。)

まぁ、めんどうであれば、炒り卵やスクランブルエッグのようにそのまま焼いてもいいと思います。w

おいしかったら何でもいい。w

 

最高の味を見つけてみてください

今回は普通のだし巻き卵を作ってみましたが、だし巻き卵ってたぶん家庭によって様々な味付け方法があると思います。

私のように甘くないのが好きな人もいれば、逆に甘いのが好きな方もいると思います。

また、卵だけではなく、ネギを刻んで入れてみるのも美味しいと思いますし、チーズを入れたり、明太子を入れてみるのもいいと思います。

なので、それぞれのご家庭で一番のだし巻き卵を作ってみてください。

 

明日の朝も作るぞー(^ω^)

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら