※この記事は約 4 分で読めます。

子どもと食事

娘3歳、息子1歳ですが、未だに子どもたちへご飯を食べさせる時は苦労してるえだ(@edamameoomori)です。

 

これまでの試行錯誤の末、我が家で工夫していることをまとめました。

机や椅子、服の汚れについてのストレスはかなり減らせましたが、なかなか食べてくれないという悩みはまだありますので、何かいいアイデアがあったら教えてください!

 

1.お食事エプロンを使う

HBLIFE 7点セット 食事用スタイ エプロン ポケット付き 防水

お食事エプロンがあると、洋服が汚れる心配がありません。

しかも防水なのでお茶をこぼしても大丈夫ですし、油汚れもばっちり取れます。

 

娘の時はこういうので大丈夫だったんですが、息子は食事中でも暴れまわるので、下記のものを使っています。

ベビー お食事用 長袖防水エプロン 3枚組 ポケット付き

これなら長袖なので安心です。

暴れん坊だから腕までしっかり汚れちゃうのです。w

 

外出時やお金に余裕がある場合は使い捨てがおすすめです。なんと言っても楽。

こういうのです。

シンセーインターナショナル ベビーエプロンお得用25P

…とはいえ、毎日使うものです。

トータルで考えれば、かなりの出費になるため自宅では使い捨てのものは使っていません。

 

とりあえず、これで服の汚れは解決です( ^ω^ )

 

2.ウェットティッシュ/ティッシュを近くに配置

スコッティ ウェットティシュー 本体+詰替え 150枚 【セット】

最初は布巾を使ってたんですが、布巾を洗うのもなかなか大変なので、ティッシュやウェットティッシュを使っています。

やっぱり食事の汚れってなかなか取れないので。

顔や手はもちろん、机の上も全部これとティッシュで拭いています。

 

食卓の上にはこのケース入りのものを置いてます。

外食時はケース入りだとデカくて困るので、詰替え用の方をカバンに入れて持って行ってます。

公園で遊んだ後に手を拭くときにも使えますし、ウェットティッシュを持ち歩いてると便利です( ^ω^ )

 

3.床には新聞を敷いておく

新聞紙

床の汚れはかつてかなり悩んでいました…

落とすたびに

「あー…また汚れた…」

と思ってました。

 

しかし、床に新聞を敷くようになってからは、その悩みからは解放されました。

食事後に丸めて捨てるだけなので、簡単ですし、ストレスが全くなくなりました。

工夫次第で寛容になれるなんて…と思いました。

新聞敷くだけですが。w

 

4.なるべくワンプレートのお皿を使う

スペースジョイ ミッフィーとおともだち 角ランチ皿

盛り付けが楽だし何と言っても凹凸があるのが便利ですね。

食卓の上にお皿がいっぱいあっても、大変ですし。

洗う時も一枚で済むので楽です。

ちなみにメラミン樹脂のものです。落としても割れないから扱いやすい!

子どもたちはよく落とすからね… 息子は機嫌が悪い時は投げるし…(ヽ´ω`)

 

5.お気に入りのキャラクター茶碗を使う

それいけ!アンパンマン 茶碗

息子はアンパンマン、娘はプリキュアのものを使っています。

やっぱり好きなキャラクターのものだと、子どもたちは楽しそうに食べるようになりました。

キャラクターの力にはいつもお世話になってます…( ˘ω˘)

 

番外編:ご飯前にお腹がすいて泣いてしまう時は

パン

食べ盛りの我が息子によくあることなんですが、まだご飯が出来ていないのに

「早く食わせろー!」

とグズってしまう時があります。

そんな時はもう諦めてパンを食べさせています。

かつては、食事の準備ができるまで待たせていたのですが、待ってくれないし、どんどん大きな声で泣くし…ということで。

あらかじめパンを用意しておけば、袋から出して与えるだけなので楽なんです。

これは外食の時も必須です。

ご飯が運ばれてくるまでおとなしく待てないですからね。

 

いつかみんな笑顔でご飯を食べたい

食事風景

ご飯が始まってから終わるまでに一度も叱ることなく楽しく食べられたら…

そんな日が来ることを祈ってます。

子どもたちがムシャムシャ食べてる時は本当にかわいいのですが、やっぱりご飯やおかずをこぼすことはありますし、野菜を残すことがあるので叱ってしまうんですよね。

これもまたいい思い出だったなぁと言える日が来るんだろうけど…

今は大変だから早くそんな日が来てほしい!(切実)

 

この記事では我が家でやってる5つの工夫を書きましたが、他にも何かいい方法がありましたら教えてください(^ω^)

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら