※この記事は約 6 分で読めます。

GMOコイン

仮想通貨トレーダーのえだ(@edamameoomori)です。

 

最近また仮想通貨の上昇トレンドが来ています。

こちらの記事でも書きましたが、7月にはまた大きなバブルが来ると思います。

 

これから新しく仮想通貨トレードを始める人もいると思いますが、初心者向けに一番おすすめの取引所はどこかご存知ですか?

実は現在、日本で金融庁に認可されている仮想通貨取引所は16社あります。(2018年6月15日現在)

各社それぞれに特徴があるのですが、初心者の人に一番おすすめできるのはGMOコインだと思います。

 

■GMOコイン公式ページ
https://coin.z.com/jp/

 

なぜ初心者には日本の取引所がおすすめなのか

日本の仮想通貨取引所

ご存知の方も多いと思いますが、仮想通貨取引所は日本だけではなく、海外にもたくさんあります。

正直な話、海外の方が取り扱い銘柄が大きくて魅力的です。

しかし、セキュリティの問題やハッキングなどのトラブルが遭った時の対処を考えると、言語の問題もあるので、海外の仮想通貨取引所はあまりおすすめできません

少なくはない金額をインターネットを通して取引をするわけなので、安心できる取引所がいいですよね。

 

そう考えると、もしあなたが仮想通貨取引に慣れていない場合、まずは日本の取引所で口座を開設するのが安心だと思います。

 

※私自身は海外を含め20近くの仮想通貨取引所を利用していますが、その経験を踏まえての意見です。

※2017年5月から仮想通貨トレードを行っていますが、1年目のことを振り返った記事も書いています。

 

初心者にもわかりやすい

仮想通貨トレードを始めたばかりの場合、専門用語が多いので何をすればいいのかわからなくなると思います。

指値、成り行き、板取引、販売所…

私も最初は一つ一つ用語の意味を調べていました。

 

GMOコインでは、株やFXをやったことがない人にも、直感的に操作できるわかりやすいデザインになっています。

GMOコイン取引画面

「金額指定」の欄で買いたい/売りたい量を指定し、「売却/購入」のボタンを押すだけです。

 

取引ツールが充実していると上級者には便利なんですが、初心者にとってはわかりづらいと思います。

例えばbitFlyerの「bitFlyer Lightning」という取引ツールはこのような画面です。

bitFlyer Lightning

ちょっと初心者にとっては…ハードルが高いですよね…

 

リップル(XRP)の売買が可能

GMOコイン取り扱い銘柄

GMOコインでは、時価総額上位の人気銘柄をほとんど取り扱っており、銀行の送金技術で使われると人気のリップル(XRP)の取り扱いもあります。

  • BTC:ビットコイン
  • BCH:ビットコインキャッシュ
  • XRP:リップル
  • ETH:イーサリアム
  • LTC:ライトコイン

この取引所だけで主要な銘柄のトレードが可能となります。

 

サーバーが安定している

サーバーが繋がらない

「価格が下落しているから、今買いたい!」

または

「価格が高騰しているから、今売りたい!」

 

そんなチャンスの時にこそ、取引を完了し、大きな利益を得たいと思います。

仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高いので、こういった取引ができるのが醍醐味です。

 

しかし、実際に金融庁の認可が下りている日本の仮想通貨取引所でも、サーバーが繋がらず、チャンスを逃すことがあります。

そういったトラブルが目立つのはZaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)です。

この2つの取引所には良いところもあるのですが、肝心な時に取引ができないというのは大きな機会損失です。

 

私はGMOコインを1年以上利用していますが、今までそういったことはありません。

サーバーの安定性という面でいうと、GMOは安心できる仮想通貨取引所だと思います。

 

もちろん、デメリットもあります

ここまでGMOコインの良いポイントをお話しましたが、もちろんデメリットもあります。

 

 

板取引が出来ない(販売所形式を採用)

GMOコインは板取引(ユーザー同士の取引)をすることはできず、全ての取引がGMOコインとの取引です。(販売所形式)

販売所形式のメリットは、難しい板の注文方法をマスターしなくても、初心者でも簡単に取引ができます。暴騰時や暴落時の激しく価格が上下する際も取引は簡単です。

しかし、販売所形式は、ユーザー同士の板取引に比べて、手数料が多めにかかることがデメリットです。

 

販売所形式なので在庫がなくなって販売停止になることもある

販売所形式なので販売停止になることがある

これは当時大きなバブルだったことが原因ですが、2017年12月〜2018年1月の仮想通貨バブルの頃は一時的に販売停止になることがありました。

当時リップル(XRP)の価格は100円前後から400円台まで一気に上昇し、リップルを買いたい人が殺到したため、一時的に販売が停止となりました。

 

こういったことを避けるため、バブルが来る前に購入しておくと良いと思います。

または、板取引ができるビットバンクを使うと良いです。

ちょっと使い方が複雑なので初心者に優しくないですが…

 

初心者の方はまずはGMOコインで仮想通貨トレードに慣れよう

仮想通貨

仮想通貨トレードは専門用語に加えて、取引のテクニックなど覚えることがとても多いです。

したがって、初心者の方におすすめなのは、まずはわかりやすい取引所で少額でトレードを始め、徐々に慣れていくことです。

どんな価格の動きがあるのか、どんなトレード方法を行えば利益を取れるのかについては、実際にやってみないとわからないことが多いと思います。

 

私も最初は株やFXの経験がなかったので、完全な初心者の状態でトレードを始めました。

GMOコインは板取引がなく、販売所形式というところが唯一のデメリットですが、トレードを始めたばかりの頃はあまり気にする必要がないと思います。

逆にそれ以外のところは特にデメリットはなく、初心者向けには一番使いやすい取引所だと思います。

 

■GMOコイン公式ページ
https://coin.z.com/jp/

 

 

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら