※この記事は約 3 分で読めます。

プライドとか捨てたらまたいい事あるから

30代になって丸くなったとよく言われるえだ(@edamameoomori)です。

日常生活において、プライドって必要ないよなーって思います。

プライド持ってたほうがいい場面なんてあるのだろうか。

 

プライドを捨てた方が学ぶことが多い

学ぶ

20代の頃は根拠もなく、得体の知れない全能感のようなものがありました。

たまたまその頃は仕事がうまくいってただけなんですけどね。w

そんな状態だったので、「何でも自分が一番知っている」「この業界のことは自分に聞け」というような、まぁ…イタい奴でした…

小さな成功体験があったので、プライドが高かったわけです。

 

でも最近は、プライドなんか捨ててしまって、誰からでもどんなものからでも学ぶ姿勢がある方がよいと思います。

最近では敢えて「若い人から学ばないと!」と思います。

若い子のほうが新しいサービスに詳しいし、感覚が全然違う。

新しいものに対して抵抗がないというか。

ずっとインターネット関連の仕事をしていますが、最近「この人いいこと言ってるな」と思う人は、自分より年下であることがよくあります。

 

私はまだ30年ちょっとしか生きていませんが、私の経験した中で言うと、新しい情報ほど洗練されていて有用性が高いです。

インターネット関連の仕事だと特にそうですね。

若い人はそれを素直に受け入れられるから、この業界ではとても強いと思います。

 

また、仮想通貨をやってるとよく聞くのですが、株やFXをトレードしている層は仮想通貨にはあまり参入していないと聞きます。(2018年5月時点)

 

株やFXで稼いだプライドがあるから、何かよくわからないもの(=仮想通貨)はやらないという意見もあるそうです。

トレードで稼ぐチャンスなのに。

 

 

「老害」とは言われたくない

頑固

ある程度の成功体験があると、その経験を元に持論を展開したいし、自分のことを否定されたくないという気持ちが生まれます。

人として当然のことだと思います。

 

「俺の若い頃は…」

「最近の若いやつは…」

 

同年代の人は同意してくれると思いますが、そんなこと言ってても何も役に立たないんですよね。

いつまでも頭を柔らかくして、「老害」とは言われないようにしたい。

 

プライド持ってない人の方が好感がもてる

笑顔

これは完全に個人的な意見です。

専門家と呼ばれる人でも、役職が高い人でも、一流と呼ばれる何かのプロフェッショナルでも、ネット上のインフルエンサーでも…

「え、何それ詳しく教えて?」

と、知らないことに関しては、誰にでも聞ける方が好感が持てると思います。

プライドが高すぎて頑固になっててもしょうがない。

「聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。」という言葉の通りだと思います。

まさにプライドが邪魔をしている。

 

私はそもそもプライドを持てるようなことは何もありませんが、歳をとってもいつまでも気さくなおじいさんでいたいなと思います。

 

肩肘張らずに等身大で生きていきましょう(^ω^)

 

 

「プライドとか捨てたらまたいい事あるから」

 

この曲自体は恋愛の曲ですが、好きなフレーズです。

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら