※この記事は約 6 分で読めます。

10年の営業経験から考える仮想通貨トレードのコツ

営業経験10年のえだ(@edamameoomori)です。

仮想通貨トレードは、やっと2年生になったところです。

 

最近、仮想通貨トレードで勝てていますか?

「寝ていればお金が増える」という右肩上がりの時代ではなくなったので、最近のトレードは難しいと思います。

暴騰!と思って後追いロングしたら数分後に暴落したり…

よくこれで騙されました…

 

買ったり負けたり…という経験を繰り返していたら、

営業で成績を上げることと、仮想通貨トレードで勝つことって似ている

と思いました。

 

営業もトレードも「勝ちやすいところで勝つ」

トレードの教科書代わりとして、何度も読んでる本があります。

 

 

この「ゾーン」という本なんですが、ここには小手先の細かいテクニックではなく、精神論に近いことがたくさん書かれています。

抽象的ではありますが、本質的なことがたくさん書かれていて、経験を積めば積むほど気づくことが多い本です。

 

ここで参考になったことが、「トレードの基本は、勝ちやすいところで勝つ」ということです。

 

仮想通貨トレードで勝つためのコツ

勝ちやすいポイントで勝つ

長い間、勘違いしていたのですが、「テクニカル分析とは勝つためのものではなく、簡単に勝ちやすいポイントを見つけるもの」かなと最近思っています。

 

三尊、逆三尊、フィボナッチ、VIX指数…

 

次々とテクニカル分析の流行が移り変わり、「これを極めたら稼げる!」と思ってしまうのですが、あくまでも勝ちやすいポイントを見つけるためのテクニックだと思います。

自分に合ったものであれば、手法は何でもいいと思います。

 

営業で成績をアップさせる方法も同じ

営業で成績アップさせるコツ

この「勝ちやすいところで勝つ」というのは、営業でも全く同じだと思います。

10年ほど営業を経験した中で思ったのは、営業で成績を上げることって営業トークなどのテクニックの有無ではなく、結局は「売れやすいクライアントを探して営業をかける」ということだと思います。

そして受注率アップとは、「アプローチするべきターゲットを絞る」ということです。

がむしゃらに気合と根性でアプローチしまくっても疲弊するだけです。

 

受注額を高めるには、こうやって受注を1つずつ積み重ねていくしかないのです。

そうしているうちに、たまたまホームラン級の大きな受注を獲得することができます。

 

ホームラン級の大型受注を獲得

最初からホームランを狙うのではなく、「数々のヒットの中にたまたま大きい案件があって、そこで力いっぱいバットを振ったからホームランになった」というイメージです。

 

大きい受注をして社内MVPに表彰された営業が「たまたま運がよかっただけです」って言うのをよく聞いたことがあるんですが、あれって事実だと思います。

ただ付け加えるとすると、「ホームランに繋がるようなヒットをたくさん打っていた」ということです。

 

トレードも同じだと思います。

エントリーしたポジションが大きく伸びるかどうかは、ある程度は予測できますが、運の部分も大きいですよね。

ただ、それに乗れるかどうかは、勝率の高いポイントでエントリー出来ていたかどうかが大前提となります。

 

営業とトレードの違い

仮想通貨で大失敗

営業とトレードの大きな違いは、失敗した時の報酬額だと思います。

 

変な話ですが、サラリーマンとして営業をやっている場合は、無駄な営業アプローチをしていて営業成績が悪かったとしても、いつもどおり給料は支払われます。

ボーナスは少なくなるかもしれませんが、毎月の給料はしっかり支払われるのです。

 

しかし、トレードの場合は違います。

無駄なポジションを取ってエントリーすると、その分損失がどんどん大きくなってお金を減らします

経験があるのでよくわかるのですが、そういう時は負のスパイラルに入ってしまい、負けが続きます。メンタル面もダメージを受けるので、次で取り返してやる!と勝率の低いポジションを取ってしまい、さらに負けます。

これが続くと、どんどん負けに対する感情が麻痺してきて、どうでもいいや…と思っちゃったりします。

脳が壊れてきます。まずい。

 

 

どんどんポジションを取ってしまうのは、営業リストを何も考えずに順番にアプローチするのと同じです。

意味のないテレアポと同じですね…

 

トレードの場合はミスをすると最悪の場合お金を失うので、より慎重になる必要があります。

 

無駄なポジションを取らないために

無駄なポジションを取らないように勝ちやすいところを探すには、テクニカル分析を詳細にできる仮想通貨取引所を使う必要があります。

実は取引所によってテクニカル分析ができるかどうかは大きく異なります。

 

20以上の取引所を使ったことでわかったのですが、取引所によっては全くテクニカル指標が使えないところもありますし、最初からフル装備に近いところもあります。

 

私のおすすめはGMOコインです。実はこちらは初心者向けにもおすすめしています。

 

わかりやすい管理画面で、サーバー遅延もないので初心者向けには最適なのですが、テクニカル分析に強いチャート画面やスマホアプリがあるので、中〜上級者向けにも満足して使える仮想通貨取引所です。

 

PCサイトからは、このようなチャート分析画面が標準装備となっています。

GMOコイン_チャート画面

 

詳細な設定も可能です。上記は以下のように「移動平均線」と「ボリンジャーバンド」のみを選択した状態です。

GMOコイン_チャート設定項目

 

テクニカル分析として使える項目は下記の通りです。

  • 移動平均線
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリックSAR

もちろん、トレンドラインをチャート上に引くことも出来ます。

 

 

また、スマホアプリが神ツールです。

ビットレ君

 

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

無料でここまで詳細な機能を備えたアプリを提供している仮想通貨取引所は、日本の他の取引所にはないです。

スマホを使って詳細な分析ができると、有効なエントリーチャンスを逃さなくなります。

仮想通貨トレードで勝ちたいのであれば、ビットレ君は必須のアプリです

 

■GMOコイン公式ページ
https://coin.z.com/jp/

 

 

■関連記事

 

 

 

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら