※この記事は約 5 分で読めます。

検索

ツイ廃のえだ(@edamameoomori)です(^ω^)

前回記事でも書いた通り、Twitterが大好きなのですが、情報収集でも活用しています。

最近では、Twitterの検索の方がGoogleより情報収集に役立つのではないかと思っています。

前回記事は個人的なTwitter愛を語っていましたが、この記事では情報収集という意味でのTwitterの優位性について真面目にまとめました。

私以外にもこのように感じてる人って多いんじゃないかな。

 

GoogleではなくTwitterで検索する理由

なぜGoogleではなく、Twitterを使って検索するのか。

その理由について書きます。

既に下記の3点については、Twitterの方がGoogleより優れていると思います。

1. 情報が早い

早いニュース

Google検索を主戦場として戦っているアフィリエイター/ブロガーの自分としてはつらい現実ですが、Twitterで得られる情報はやっぱりGoogle検索よりも早いです。

地震などの天災情報で思い出してもらうとわかりやすいと思います。これについては間違いないでしょう。

 

普段の業務(私の場合、アフィリエイトと仮想通貨)について考えてみても、やはりTwitterの方がGoogleより早く情報を得られます。

 

例えば、Google検索アルゴリズムの大変動や新しいニュースが入ってきた時がそうです。

それをまとめているブログやサイトなんてすぐには出てこないし、そもそもまとめて発信する人の母数自体が少ない。

でも、Twitterの場合だと、気づいた人がすぐツイートをしているからそれを知ることが出来ます。

こういった最新の情報を調べる際は、Google検索よりTwitterの方が便利です。

 

また、仮想通貨に関しても同様です。

仮想通貨のチャートは激動

仮想通貨界隈は黎明期ということもあって、事件が本当に多いのです。

どこかの取引所でハッキングがあったとか、大暴騰/大暴落してるとか、相場を動かすほどの要人の発言があったとか…

こういった情報も、仮想通貨トレードをしていると、スピード勝負なのでとても重要です。

数分乗り遅れただけで大きな損失となることがあります。

 

このように情報のスピードが重視される場合、Twitter検索はGoogle検索よりも間違いなく適しています。

※Googleでも検索対象範囲の期間指定ができますが、それでもTwitter検索の方が早いと思います。

 

2. 個人の感想を知ることができる

個人の感想、口コミ

今や特定の商品/サービスについて個人の感想や口コミを調べるには、GoogleよりTwitterに優位性があると思います。

最近Googleの検索アルゴリズムに変更があったので、商品/サービスの公式サイトや大手企業の運営するサイトが上位に表示されるようになりました。

情報の信頼性という意味では、これでよかったのかもしれませんが、商品/サービスを購入する際は口コミ情報が気になることもあると思います。

そういった際には、もはやGoogleよりTwitter検索の方が生の声を知ることが出来ます。

 

というか、そもそもですね。

一般人はわざわざサイト作ってまで商品/サービスの感想を発信しな…(略

 

3. インフルエンサーの発信情報を知ることが出来る

これも、Google検索を主戦場として戦っているアフィリエイター/ブロガーの自分としてはつらい現実ですが…

Twitterでは、信頼性の高いインフルエンサーの発信する情報をすぐに知ることが出来るのも大きなメリットです。

ブログ記事が投稿されるのを待つ必要はありません。Googleの検索結果に表示されるのを待つ必要もありません。

自分の注目している人のタイムラインを見ていれば、ツイートした瞬間に知ることが出来ます。

 

ただ、インフルエンサーの情報を何でも鵜呑みにするのはよくないです。

アフィリエイターでも、ブロガーでも、トレーダーでも、本当は実力がなくて詐欺師だった…という例はたくさんあります。

こればっかりは自分で判断するしかないです。

やたら信者も多かったりするので、真実かどうかを見極めるのは困難です。

実際にその人のサイトやTwitterの発言をさかのぼってみて確認してみたり、自分の信頼出来る人がフォローしているのかなど、複数の情報を元に判断するしかありません。

 

自分にとっては、「あの人って本当は…」と思ってる人が、誰かにとっては人生を変えるレベルの師匠だったりするので、相性もあるのかもしれません。

こればっかりは正解のない話なのですが。

 

若い世代ではGoogleよりSNS検索?

SNS調査

上記は昨年9月の調査データですが、既に20代の人たちの中でGoogleよりもSNSで検索することが多いという人が37.5%もいます。

この調査によると、やはりリアルタイムで情報を調べたい時はSNSを使った検索をするようです。

 

企業の公式サイトや地図、画像などを検索する場合はGoogleの方がまだまだ情報の網羅性も高く、圧倒的に便利ですが、Twitter検索の方が便利だという領域は確実に増えていると思います。

 

今後の検索行動はどのように変わっていくのでしょうか…( ˘ω˘)

 

Twitter検索は使っていますか?

それとも他の検索を使っていますか?

 

 

 

The following two tabs change content below.

えだ

2014年にアフィリエイトを開始。その後、法人のSEOコンサルも始めて、サイト制作も始めたらわけがわからなくなりました。 詳しいプロフィールはこちら